成功した長期投資家は株を永遠に売らない

シェアする

スポンサーリンク
切り株

岩崎日出俊『気弱な人が成功する株式投資』(祥伝社新書,2014)を読んだ。

最近、株価が下がり、原油価格が下がり、円が下がり、長期金利も下がっていて、「景気回復」を実感できない。

こんなときはついつい弱気になって投げ売りしたくなる。

将来不安にかられて不本意な投資結果になったとき、どのような心構えを持てば良いのか、教えてくれる本だった。

成功した投資家の名言もGood。

われわれがすべきことは単純だ。他人が強欲な時に臆病になり、他人が臆病な時に強欲になりさえすればいい。

ウォーレン・バフェット

彼ら(個人投資家)の中には、経済を科学的に分析して相場を張る投資家はほとんどおらず、経済知識はきわめて幼稚なのだ。

是川銀蔵


本書で紹介されていた「理想的な長期投資」を言い表した次の言葉が一番気に入った。

株を買う時にやるべきことをきちんと行なってさえいれば、その株を売るべき時期というのはほとんど永遠に来ない。

フィリップ・フィッシャー


長期投資というのは「結果を出すことを先延ばしできる」と思われがちだが、実は「買った時点で勝敗がついている投資」なのだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS