「手書き文字が下手すぎる」と感じたら読む記事

シェアする

スポンサーリンク
試し書き

最近、手書きで手紙を書く機会があった。

せっかく手書きで書くのだから、筆ペンでクールに書いてみようと思った。

便箋に文字を書いてみたら、あまりの下手さにがく然とした。

緊張で線が震えて、文字が「遺書」みたいに悲壮感あふれる字体になってしまった。

何とか、ゆっくりと書いて郵便で出したが、不満が残った。

これからはきれいな文字を書きたい。

と思って、文字を書く練習を開始した。

スポンサーリンク

「美文字」になる本

さっそく、文字を練習するための参考書を探した。

買った本は、『読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本』(根本知・著 阪急コミュニケーションズ 2014)だ。

タイトルの「読むだけで」というのに魅力を感じた。

ただやみくもに習字の練習をするのではなく「文字を美しく見せるための理論」が学べる本だ。

本書を読んで、理論を知った上で練習した方が、効率的かつ短時間で文字が改善するはずだ。

練習用の万年筆

手書き文字を練習するための筆記具として、本書ではぺんてる「プラマンJM20」という使いきり万年筆をすすめている。

ということでアマゾンで「プラマンJM20」の10本セットを購入した。

プラマンJM20

万年筆といっても、価格は水性ボールペン並で、万年筆で書いたような文字が書ける。

試しに「あ」を書いてみた。

試し書き

さて、これから本を読んで手書きの練習だ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS