夜中に元勤務先の上司から電話がかかってきた夢

シェアする

スポンサーリンク
デジタル

今夜見た夢。

夜中に携帯電話を見ると、不在着信が何件も入っていた。

電話を耳に当てると、元上司の声が聞こえてきた。

スポンサーリンク

もう退職したんだよ

どうやら、会社のコンピュータシステムが障害を起こしてダウンしているようだ。

話の内容から推測すると、プログラムに不具合があり、処理が停止しているようだ。

出社して不具合の内容を調査すればすぐに解決できそうな問題だった。

でも……よく考えたらわたしはすでに退職している。

「なんで退職したのに電話してくるのか!夜中に電話するなんて非常識ですよ!」

と元上司に問い詰めようとしたが言葉が出てこない。

もう会社を辞めて自由の身なのに、なんで夜中に出社しないといけないんだ。

バカバカしい。

と思っているうちに目が覚めた。

「夢」というタダ働き

会社を退職後、夢の中で働く夢を何度か見てきた。

実際は働いていないが、精神的には働いたのと同じストレスがかかる。

給料をもらっているわけではないのに、働いたストレスだけが残る。

目が覚めて、外を見ると雨が降っていた。

月曜の雨の朝だけど、出勤しなくていい」という現実に、少しホッとした。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS