本気で早期退職したいなら2000万円の貯金くらい簡単にできる

シェアする

スポンサーリンク
貯金

サラリーマンが貯金をする理由は「会社を辞めたいから」だ。

これ以外にありえない。

「マイホームの頭金」とか「クルマ」とか、明確な目標がないのに貯金を始める。

軽々と1,000万円の大台を突破して、気がついたら2,000万円になっている。

そんなことがありうる。

スポンサーリンク

まとまった貯金が自然にできる

なぜか。

心の底で「早く会社を辞めたい」と思っているからだ。

実は、貯金をすることなんて簡単だ。

根性も節約もいらない。

就職したけど「サラリーマンに向いていない」と気付いたら、心と体が「貯金最優先モード」に切り替わる。

「早くまとまった貯金を作ってさっさと辞めろ」という指令が脳にインプットされる。

努力して節約をしなくても、体が自動的に貯金が増えるように行動するようになる。

無意識に貯金するようになる。

浪費が消える。

ホワイトデーは有給休暇を取る。

わたしの場合、入社して新人研修が始まって数日で「貯金最優先モード」になった(笑)。

貯金ができない真の理由

実は、「早期退職したいけど貯金がない」という悩みはありえない。

貯金がない人はそもそも「早期退職したい」なんて思わない。

「貯金がない状態」を維持するには給料に依存し続けるしかないからだ。

具体的に「20xx年x月x日に早期退職したい」と心の底で思っているならば、すでに退職予定日までにまとまった貯金ができているはずだ。

だから、早期退職のために「努力して」貯金する必要はない。

↓サラリーマン時代の貯金のバイブル↓

お金がたまる人たまらない人―なぜあの人はお金がたまるのか
丸田 潔
主婦の友社
売り上げランキング: 546,910
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS