イギリスのEU離脱決定直後のポートフォリオ被害状況

シェアする

スポンサーリンク
UK flag

昨日(2016年6月24日)のイギリスのEU離脱決定を受けて、日経平均株価、NYダウが急落した。

早速、わたしの金融資産ポートフォリオの被害状況を調べてみた。

スポンサーリンク

被害状況

2016年6月25日現在の純金融資産残高は、前年末比で▲7.9%となった。

資産別にグラフで表すとこうなる。

20160625_pf1

2016年度のNISA枠をまだ全然使っていないので、さらに株安が続きそうなら株を買い増そうかな。

過去の「被害状況」記事

当ブログでは、大幅な株安が発生するたびに「ポートフォリオ被害状況」を記事としてまとめてきた。

株で損したことを記事にしておくと、「落ち着いて客観的に」自分の金融資産ポートフォリオを見ることができる。

■過去記事

8.21世界同時株安のポートフォリオ被害状況

2016年初の株安によるポートフォリオ被害状況

株で大損して絶望している時に読む記事

長期投資家がバブル崩壊に備える方法

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS