チャイコフスキー「お金に困っているときは小さく確実に稼げ」

シェアする

スポンサーリンク
violin

先日、NHK・FMの「クラシックカフェ」を聴いていた。

クラシック音楽の番組なのに、お金の稼ぎ方を学んだ。

特に、お金に困っているときに有効な方法だ。

番組ではロシアの作曲家チャイコフスキーの「金欠脱出」エピソードを紹介していた。

スポンサーリンク

お金がないときにお金を稼ぐには

チャイコフスキーはモスクワ音楽院の教師をしていた。

しかし、生活は苦しかった。

そこで、モスクワ音楽院の院長ルビンシテインが、「作曲して演奏活動で稼いだら?」とアドバイスした。

演奏活動しろと言われても、大きなホールを使おうと思ったらコストがかかるし、満員にできる自信がない。

もし、武道館や大阪城ホールみたいな大ホールを借りて、観客の入りが悪かったら大損害だ。

それに、そもそもお金がない。

小さく稼ぐ

そこで、チャイコフスキーは小さいホールで演奏できるような曲を作った。

客は少ないので収入は少ないが、リスクも小さい

低リスクで確実に稼ぐ……これがお金がないときの稼ぎ方だ。

作った曲は「弦楽四重奏曲第1番」。

この曲が大当たりして、チャイコフスキーは大作曲家となっていく。

▼特に有名な第2楽章

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集
ボロディン四重奏団
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-08-17)
売り上げランキング: 174
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS