「第20回 日清食品ホールディングス株主懇親会」に参加してきた

シェアする

スポンサーリンク
ホテルニューオータニ大阪

本日(2017.2.23)に開催された「第20回 日清食品ホールディングス株主懇親会」に参加してきた。

場所はホテルニューオータニ大阪の「鳳凰の間」だ。

内容は次のとおり。

①業績報告(安藤宏基CEO)

②試食会

③抽選会

スポンサーリンク

試食までの長い道のり

ホテルニューオータニに到着したのは10時前だった。

受付開始が10時なので、ホテルの控え室で待つ。

受付後に会場の「鳳凰の間」に入る。

懇親会の開始が10:30なので、約30分間待つ。

待っている間、会場のTV画面に日清食品のテレビCMが延々と流れる(疲労)。

10:30から11:00頃まで、業績報告があった。

工場誘致は雇用を生まない

業績報告の中で、滋賀県栗東市に建設予定の日清食品の新工場の紹介があった。

大規模な工場のようだ。

しかし、21世紀の工場らしく、かなり自動化がすすんでいるらしい。

従来の工場の1/3の人員で運営できるようだ。

人数で言えば200~300人くらいだろう。

大規模な工場を建てても、雇用につながらない。

これからは工場の「無人化」がどんどん加速していくんだろうな。

人間が働く場がどんどんなくなっていく。

21世紀の人類は、仕事なんか生きがいにしてはいけない(できない)んだろうな。

そして試食

11:00過ぎ、やっと試食が始まった。

参加人数は3000人とのことなので、大混雑するかと思ったが、それほど待たずに試食できた。

一番人気があったのは「日清麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン」だ。

2017年2月27日発売なので、まだ市販されていないラーメンだ。

他の麺製品のブースと比べて、かなり行列ができていた。

関西人は「京都」という言葉に弱いんだろうか(笑)。

※※

最後に、抽選会があり、帰りに記念品(インスタント麺などの詰め合わせ)をもらって、帰途についた。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS