セミリタイアという人生を選ぶきっかけとなった座右の書

シェアする

スポンサーリンク
zen

40代前半で会社を辞めて「セミリタイア」するきっかけになった本を紹介したい。

すでに当ブログで何回も紹介している本だ。

それは『徒然草』だ。

学生時代から「世捨て人」にあこがれていて、大学の時に初めて岩波文庫版の『徒然草』を買った。

スポンサーリンク

就職前から早く辞めたかった

すでに就職前からセミリタイアに向けて準備していたのだ(笑)。

本書で一番好きな言葉は第38段の冒頭だ。

名利に使はれて、閑かなる暇なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。

訳すと、「名声や利益を求めたり守ったりすることに追われて、静かに過ごすヒマがないまま一生苦しむなんて、バカバカしい」となる。

この言葉、セミリタイアの意義を簡潔に表現した「名言」だ。

次々と『徒然草』を購入

その後、岩波文庫版のほかにもを次々と買って読みあさっていった。

わたしが持っている『徒然草』シリーズを紹介する。

参考サイト起業家たちの人生に影響を与えた座右の書とは?(Forbes JAPAN)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS