『AERA ‘18.10.1号』に「災害とお金」に関するコメントが掲載されました

シェアする

スポンサーリンク
breakfast

2018年9月22日発売の雑誌『AERA ‘18.10.1号』(朝日新聞出版)p. 17~18に、わたし(Kotaro)のコメントが掲載された。

「災害とお金」という特集の記事の中で、大きな災害でキャッシュカードや通帳を紛失するリスクにどのように備えればいいか、コメントさせていただいた。

スポンサーリンク

セミリタイアブロガーが何をコメントしたのか

コメントの内容は雑誌を参照していただければありがたいが、だいたい次の当ブログの記事の内容に沿っている。

災害時の現金確保のためゆうちょ銀行に貯金する
銀行預金の大部分はネット銀行に預けている。 理由は簡単で利息が高いからだ。 参照1イオンカードセレクト(イオン銀行) 参照...

2018年は、個人的には「大阪北部地震」「西日本豪雨」「台風21号」と、短期間で3つの大きな災害に遭遇した。

災害に備えるには防災グッズも大事だが、被災後の当面の生活費をまかなう「現金」も大事だ。

当面必要な現金をどこに保管する?

ただし、まとまった現金を家に置いておくのは危険だし、災害で現金自体を紛失する可能性もある。

わたしのコメントが掲載された『AERA ‘18.10.1号』では、大きな災害からどのようにお金をはじめとする「資産」を守ればいいかを特集している。

AERA (アエラ) 2018年 10/1 号 [雑誌]
朝日新聞出版 (2018-09-22)

PS. 雑誌はAERA編集部から送付してくれるそうだが、記念に自腹で買った(笑)。

AERA 2018.10.1

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS