成人式は欠席して約20年後にセミリタイアした

シェアする

スポンサーリンク
成人式

今日(2019.1.14)は成人の日だ。

成人の日といえば、わたしは当時学生だった。

成人式は欠席した。

理由は次のとおり。

  • 天気が悪かった
  • 面倒くさい
  • 人の多いところに行くのがイヤ
  • 昔の知人友人と出くわすのがイヤ
  • せっかくの休日(祝日)だからゆっくり休みたい
  • 「行く意味がない」と思った
スポンサーリンク

「雨天中止」という大原則

特に大きな理由は「天気が悪かった」だ。

「雨天中止」が座右の銘なので、雨が降っていたり降りそうだと外出したくない。

行きたい場所であれば土砂降りでも行くかもしれないが、雨が降っているのに行きたくないところに行くわけがない。

一抹の罪悪感

成人式を欠席して、テレビのニュースで成人式の風景が流れるのをみて、なんとなく「罪悪感」を感じたことを覚えている。

成人式と無関係の今は、罪悪感も感じず、欠席したことも後悔していない。

だから、成人式は行きたくなければムリしていかななくてもいい、と新成人にアドバイスしたい。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS