「早期リタイア」がNHK英会話講座の例文になるほどメジャーなライフスタイルに

シェアする

スポンサーリンク
retirement & beach

早期リタイアを考えたことありますか?

を英語では次のように言うそうだ。

Have you considered taking an early retirement?

先日、twitterをながめていて知った。

この英文、NHKラジオの「ラジオ英会話」の例文とのこと。

参照ラジオ英会話(NHKゴガク)

わたしがこの英文で「面白い」と思ったのが「早期リタイア」は”think”ではなく”consider”する点だ。

日本人なら「考える」を英訳するとき”think”を使いがちだと思うが、早期リタイアを考えるときは”consider”だ。

スポンサーリンク

早期リタイアは「熟慮」するもの

“consider”は単に「考える」ではなく「よく考える、熟慮する」という意味がある(『ジーニアス英和大辞典』より)。

  • 本当に定年前に会社を辞めて大丈夫か?
  • 死ぬまで貯金は持つか?
  • 平日の昼間に外をウロウロして、近所の人に白い目で見られないか?
  • 家族が猛反対して気まずい早期リタイア生活にならないか?
  • 退職後はヒマすぎて死なないか(笑)?

などなど、早期リタイアは「熟慮」した末に実行するから”consider”なのだ。

「早期リタイアする」を英語で

上記の例文では「早期リタイアする」は”take an early retirement”となっている。

ネットで調べると”an”がない”take early retirement”という表現もある。

参照early retirementの意味・使い方(英和辞典 Weblio辞書)

手持ちの電子辞書にある『オックスフォード現代英英辞典』でも”take early retirement”となっている。

Google翻訳も”take early retirement”だ。

“an”はあってもなくてもどちらでもいいんだろうか。

まとめ

早期リタイアするときは”consider”して実行する。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS