2019年3月の「Googleアップデート」でアクセス数が減って良かった点

シェアする

スポンサーリンク
sky fall small

2019年3月12日に「Googleアップデート」があったようだ。

当ブログも影響を受けて、検索エンジン経由からのアクセス数が半減した。

が、良いこともあった

Googleの掲載順位は下図のように3月12日に急落した。

掲載順位急落
出典Google Search Console「検索パフォーマンス」

正直、びっくりした。

が、自分ではコントロールできないので仕方ない。

「このままだと、アクセス数も収益も減っていくのかな」と心配した。

スポンサーリンク

収益は変わらず

ところが、アクセス数は確かに減っているのだが、収益はそれほど変わらない。

てっきり、アクセス数が減ればGoogle Adsenseなどの収益も減ると思っていた。

なぜ、アクセス数が減っても収益が減らないのか?

当ブログには金運があるのか(笑)。

冷やかし客がいなくなった?

わたしの推測だが、アクセス数が減ったのに収益が減らない理由は、「冷やかし客」がいなくなったからではないか、と思っている。

つまり、検索エンジン経由でアクセスしたユーザーは、当ブログの収益につながっていなかった、と考えられるのだ。

つまり、冷やかし客。

検索エンジン経由以外でアクセスしていただいた、本気でセミリタイアを考えているユーザーこそが「真の読者」だったのだ。

今回の2019年3月のGoogleアップデートで、Google先生は当ブログから冷やかし客を排除してくれたのだ。

サーバーの負荷も軽減して快適に

アクセス数が減るのは悪いことばかりではない。

サーバーの負荷が軽減されるというメリットがある。

収益につながらない余計なアクセスが減って、本当に当ブログを必要としている読者が快適にアクセスできるようになった。

まとめ

2019年3月のGoogleアップデートで、アクセス数は減ったが、効率よく収益があがるようになった。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS