銀行のキャッシュカードとポイントカードをすり替える窃盗

シェアする

スポンサーリンク
キャッシュカード

セキュリティ対策のため、大阪府警の「安まちメール」に登録している。

「安まちメール」とは、犯罪が発生したらリアルタイムでメールで知らせてくれるサービスだ。

参照「大阪府警察安まちメール」登録のご案内(大阪府警)

自分が住んでいる場所でどんな犯罪が発生しているかがわかる。

「安まちメール」のバックナンバーはこちら。

参照バックナンバー(大阪府警)

今回、メールで「キャッシュカードとポイントカードをすり替える窃盗」が多発していることを知った。

スポンサーリンク

犯罪の手口

手口は特殊詐欺とよく似ている。

メールの内容を元に箇条書きするとこうなる。

  • 警察官や金融機関職員などを名乗って電話をかけ、自宅を訪問
  • キャッシュカードを封筒に入れさせる
  • 「封筒の封印のため押印が必要」等と述べて、印鑑を取りに行かせる
  • その隙に、ポイントカード等が入った別の封筒とすり替える
  • キャッシュカードが入った封筒をもってトンズラ

対策

対策は自宅に来させないことだが、来てしまった後に「詐欺っぽい」と気づいたらどうすればいいか。

印鑑を取りに行くふりをして家の奥かトイレに行って、警察に電話するしかないかな。

参照「キャッシュカード、偽造されています」…高齢者狙い「すり替え詐欺盗」、関西でも急増(2018.6.9 産経ニュース)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS