セミリタイアの夏の家計に優しい「コーヒーメーカーで作るアイスコーヒー」

シェアする

スポンサーリンク
アイスコーヒー

コーヒーが好きなので、夏はアイスコーヒーを飲んでいる。

昨年まではペットボトルのアイスコーヒーを飲むこともあったが、令和の時代はコストダウンしたい。

「インスタントコーヒーでアイスコーヒーを作る」以外の方法で。

というわけで、コーヒーメーカーで「レギュラー」でアイスコーヒーを作ってみた。

これがいける。

まるでカフェで飲むようなアイスコーヒー(誇張気味)を自宅で簡単に作れる。

スポンサーリンク

用意するもの

用意するものは、

  • レギュラーコーヒー(アイス用)
  • コーヒーメーカー
  • グラス
  • 氷(10個程度)
  • お好みでシロップ・ミルク

だ。

使用したコーヒーメーカーは「象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA」だ。

セミリタイア生活のお供「2000円台のコーヒーメーカー」を購入
レギュラーコーヒーを飲むことが多くなった。 コーヒーはドリッパーで濾して飲んでいたが、いまいち味が薄い。 素人が適当に入...

アイスコーヒーの作り方

作り方は、先日買ったレギュラーコーヒー「AGF ちょっと贅沢な珈琲店 レギュラーコーヒー キリマンジャロ・ブレンド」の袋に書いてあった方法を参考にした。

手順(マグカップ1杯分)は次のとおり。

  1. コーヒーメーカーのポットに氷を5~6個入れる
  2. コーヒーメーカーのバスケット(コーヒーの粉を入れる容器)にペーパーフィルターをセット
  3. レギュラーコーヒーを15g程度、バスケットに入れる
  4. 水を100ml程度、タンクに入れる
  5. 電源スイッチを入れる
  6. 終了したらコーヒーをグラスに注ぎ、お好みで氷を足すなりシロップやミルクを入れるなりする

コーヒーは多めに投入

コーヒーメーカーでアイスコーヒーを作るポイントは、

ホットよりもレギュラーコーヒーを多めに入れる

だ。

ホットと同程度の分量だと、わたしは味が薄く感じた

マグカップ1杯分のコーヒーだと、ホットならコーヒーを10g入れているが、アイスの場合は15gくらいでちょうどいいと感じた(あくまでもわたしの好みだが)。

カフェで飲むようなアイスコーヒーを味わいたければ、コーヒーはホットよりも若干多めに入れることをおすすめする。

まとめ

アイスコーヒーを自作することで、「セミリタイアの夏」の家計が助かりそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS