我がセミリタイアの師、上岡龍太郎

シェアする

スポンサーリンク
mentor

先日、twitterをながめていたら、なつかしい動画を見つけた。

実は上岡龍太郎は、わたしのセミリタイアの師だ。

師といっても「私淑」しているだけだが。

彼は2000年にまだまだ人気があるときに芸能界を引退した。

「ボクの芸は20世紀で終わり。21世紀には新しい人生を歩みたい」

出典「ボクの芸は20世紀で終わり」上岡龍太郎が芸能界引退した理由(2016.5.22 エキサイトニュース)

わたしが「セミリタイアの師」と思ったのは、引退についてこんな言葉を残しているからだ。

スポンサーリンク

生活に金がかかる理由

働くからお金がいる。働かなかったらお金はいらない。

わたしがこの言葉を知ったときは、まだサラリーマンをやっていた。

「そうか、会社を辞めたらお金はいらないのか、じゃあ辞めよう」

と納得してすぐに退職したかと言えば、当然しなかった。

お金がいるから働いていたからだ。

セミリタイアできるという希望

が、この言葉はずっと心に引っかかり続けた。

「会社を辞めたらお金がかからない生活ができるのか。ならばセミリタイア可能だな」

という希望を持ち続けることができた。

「なぜ仕事しなければお金がいらなくなるのか」、色々と調べ始めた。

実際にセミリタイアしてみたら

その後、40代前半で退職してセミリタイアを実現できた。

上岡龍太郎の言葉のとおりだった。

働くからお金がいる。働かなかったらお金はいらない。

遊んで暮らすのが最高の幸福
会社を退職して2年近くになる。 正直な感想を言おう。 遊んで暮らすのは最高に幸福だ! 青木雄二著『ゼニの幸福論』(ハルキ文...
見栄を張るお金があるなら、貯金したほうがいい。仕事を辞めやすくなるから。
当ブログのテーマを凝縮した言葉が書いてある本に出会った。 本の名は、神長恒一・ペペ長谷川『だめ連の働かないで生きるには?!』(筑摩書房...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS