「セミリタイア達成基準」に未達だけど7年以上セミリタイアできている

シェアする

スポンサーリンク
fly to early retirement

先日、こんなイケハヤ氏 (@IHayato)のツイートを見つけた。

わたしは2011年に40代前半で早期退職してセミリタイア生活を開始した。

上記ツイートの「セミリタイア達成基準」を満たしているかどうかチェックしてみた。

スポンサーリンク

チェック結果

1. 利回り3〜5%を狙える金融リテラシー ……早期退職後(2012年~2018年)の年平均利回りは約2.5%だった。なので未達。

2. 徹底的に節約する ……そんなにケチケチ生活していない。なので未達。

3. 浪費的ではなく、生産的な習慣を持つ ……浪費的な習慣も生産的な習慣も持っていない。なので未達。

4. 副業、独立で収入を増やす ……サラリーマン時代は副業も独立もしていなかった。なので未達。

というわけで、イケハヤ氏の提唱する「セミリタイアを達成するために必要なこと」はすべて未達だ。

が、7年以上セミリタイア生活できている。

40代~50代にセミリタイア予定ならハードルは下がる

ツイートの最後に「これ意識して生きていれば、早ければ10年で労働卒業できると思います。20歳で努力始めたら30歳でセミリタイア。」とあるように、20代でセミリタイア資産を作って30歳で退職するなら、上記の4つの条件は必要かもしれない。

わたしのように、適当に資産運用して節約も中途半端(浪費あり)であっても、セミリタイア開始予定が40代以降なら、そんなにガツガツ稼いだりケチケチ生活に徹しなくても、ある程度の貯蓄と強い辞意(これがお金以上にが大事)があればセミリタイアできる

お金があっても「本気で辞めたい!」という気持ちがなければ「辞める辞める詐欺師」くらいにしかなれない。

以上、「セミリタイア経験者が語る」でした。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS