台風15号後の通勤でセミリタイア体質かどうかがわかる

シェアする

スポンサーリンク
台風

2019年の台風15号で関東は大変だったようだ。

駅では大行列ができていた。

もし、自分がまだサラリーマンでこんな大行列に巻き込まれていたら、「万事休す」だったと思う。

我慢の限界点を超えて、「早期退職」に向かっていただろう。

スポンサーリンク

電車が動かないから会社を辞めた

実際、通勤電車のトラブルがきっかけで退職した。

乗っている電車が止まり、途中下車してバスで会社に向かおうとしたが、こうなった。

「もうイヤイヤ会社に行くのは辞めよう」という思いで頭でいっぱいになった。

「毎日自分にウソをつく人生を終わらせよう」と思った。

バス停に向かうのをやめ、携帯のメールで上司に「今日は休みます」と連絡を入れて、その日は帰宅した。

電車が止まった日から、しばらく会社を休んだ。

その後、色々あって退職した。

出典電車が動かないから会社を辞めた

セミリタイア体質は変則的な通勤ができない

もし、先日の台風15号通過直後の「変則的な通勤」に耐えることができて、その後もふつうに通勤できるなら「セミリタイア」とは無縁のサラリーマン生活ができるだろう。

が、動かない電車にイライラして疲れ果て、何もする気が起こらなくなったら「セミリタイア体質」かもしれない。

一度「逃げ切り計算機」でセミリタイアしても貯金が持つかどうかチェックしてみたら?

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS