2019年夏の日韓関係悪化を機に読んだ本10冊

シェアする

スポンサーリンク
ビビンバ

2019年7月頃から始まった日韓関係の悪化を機に、韓国関連の本を色々読んだ。

最近読んだ10冊の本を挙げたい。

韓国の悪口を言うだけのいわゆる「嫌韓本」は含まれていない(本のタイトルが嫌韓っぽいのもあるが、中身は問題ない)。

世論操作っぽいニュースにいちいち反応するよりは、まずは本を読んで勉強だ。

韓国壊乱 文在寅政権に何が起きているのか (PHP新書)
PHP研究所 (2018-12-26)
売り上げランキング: 13,755

朝鮮雑記――日本人が見た1894年の李氏朝鮮
祥伝社 (2018-02-02)
売り上げランキング: 2,115

韓国「反日フェイク」の病理学(小学館新書)
小学館 (2019-04-05)
売り上げランキング: 1,499

残念すぎる 朝鮮1300年史(祥伝社新書)
宮脇 淳子 倉山 満
祥伝社
売り上げランキング: 24,744

北朝鮮建国史
北朝鮮建国史

posted with amazlet at 19.09.16
六角堂出版 (2014-01-19)
売り上げランキング: 76,746

韓国「県民性」の旅
韓国「県民性」の旅

posted with amazlet at 19.09.16
東洋経済新報社 (2015-01-23)
売り上げランキング: 23,005

韓国現代史 (岩波新書)
韓国現代史 (岩波新書)

posted with amazlet at 19.09.16
岩波書店 (2015-01-01)
売り上げランキング: 31,780

大統領を殺す国 韓国 (角川oneテーマ21)
KADOKAWA (2014-03-10)
売り上げランキング: 108,021

韓国人に生まれなくてよかった
悟空出版 (2017-06-09)
売り上げランキング: 6,589
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS