誰も言わないけど早期リタイアするのに莫大な貯金はいらない

シェアする

スポンサーリンク
beach

英語の記事だけど、早期リタイアに関する良記事があったので読んだ。

参照7 things no one tells you about early retirement(2018.8.17 Business Insider)

記事のタイトルを訳すと「誰も語らない早期リタイアに関する7つのこと」だ。

早期リタイアの概要、メリット・デメリットがコンパクトにまとめられている。

記事を要約すると、タイトルのとおりだ。

早期リタイアするのに莫大な貯金はいらない」。

スポンサーリンク

早期リタイアは海外でも叩かれている

早期リタイアというライフスタイルは日本だけでなく海外でも「マイナー」なライフスタイルのようで、実践すると批判されるようだ。

批判するの友人・家族・社畜系のネット民。

早期リタイアしていることをかぎつけると、どこからともなく”hater”が沸いて出てくるそうな……。

海外にも「自分が理解できないライフスタイルを実践している人」を叩く「ヒマな人たち」がいるようだ。

早期リタイアするのに貯金はそんなにいらない

わたしが当記事に共感した点は、

早期リタイアするのに、思ったより貯金は必要ない

ということだ。

記事では「早期リタイア後も稼ぐチャンスはたくさんあるから、退職までに必要な貯金を用意する必要はない」と言っている。

わたしも同感だ。

会社を辞めても、収入はゼロにはならない(意図的にゼロにすることは可能だが)。

当初、わたしも「早期リタイアしたら収入はゼロになる」と思っていた。

が、ブログやKindle本の執筆で収入がそこそこ発生して、しばらくして家計は黒字となった。

なので、「もっと早く退職してもよかったかな」と思っている。

英語が苦手なら「Google翻訳」を使う

今回紹介した記事は英語の記事だ。

もし英語が苦手なら「Google翻訳」で和訳して読めばいい。

参照Google 翻訳

かなり正確に訳してくれるので、ざっくりとした内容は把握できる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS