「Windows 10」の大型アップデート「1909」はそれほど大きくなかった

シェアする

スポンサーリンク
Windows 10 Nov. 2019 Update

2019年11月中旬、わたしのPCに「Windows 10」の大型アップデートとされる「November 2019 Update」を適用した。

バージョンは「1909」だ。

ネットニュースでは「大型アップデート」と紹介されていた。

Windows 10 バージョン1909は、Microsoft内部で「19H2」と呼ばれていた機能更新プログラム(大型アップデート)。

出典「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能(2019.11.13 ITmedia)

なので、ダウンロードとインストールで何時間もかかったり、正体不明のエラーが出たりして、貴重なセミリタイアの自由時間を浪費させられるのかと心配した。

スポンサーリンク

5分で終了

バージョン1909のダウンロードを開始したら、あっけなく終了した。

インストール完了まで、5分程度だった。

旧バージョン(1903)と比べて大きな変更点はないみたい(上記引用記事より)。

なんで「大型アップデート」なの?

ソフトウェアを1909対応にする必要あり

わたしがバージョン1909を知ったのは、PCにインストールしてあるウィルス対策ソフトのメーカーから「Windows10を1909に更新するならウィルス対策ソフトを最新バージョンにして」というメールが来たからだ。

1909に更新する前に、PCにインストールしてあるソフトウェアをバージョンアップする必要があるようだ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS