新型肺炎の影響でトイレットペーパーも品薄?

シェアする

スポンサーリンク
toilet paper

2020年2月中旬、スーパーで買い物していたら、トイレットペーパーの棚が少し「がらん」としていた。

ひょっとして新型肺炎の影響か。

ネット検索してみると、海外の事例だが「マスクとトイレットペーパーは原料が同じだから」という説があった。

参照トイレットペーパー品薄 シンガポール、うわさで客殺到(2020.2.11 朝日新聞デジタル)

マスクに原料をとられて、トイレットペーパーの生産量が減っているのか?

本当かどうかはわからない。

スポンサーリンク

念のため

取り越し苦労かもしれないが、とりあえずトイレットペーパーを1パック(12ロール)買っておいた。

必ず使うものだから、無駄にはならないだろう。

1973(昭和48)年オイルショック時の「トイレットペーパー騒動」のようにならなければいいけど。

参考動画トイレットペーパー騒ぎ(NHK名作選)

別の店も調査

本当にトイレットペーパーが品薄なのか、調査のため時間をおいて別の店(某大手ドラッグストア)に行ってみた。

こちらはトイレットペーパーは潤沢にあった。

最初に行ったスーパーがたまたまトイレットペーパーの在庫が少なかっただけなのかもしれない。

※上記は2020年2月17日現在の情報です。

※2020年2月19日追記:数日後にスーパーに行ってみたらトイレットペーパーは棚に潤沢にあった。現時点では「トイレットペーパー騒動」は発生していないようだ。

※2020年3月1日追記:スーパーのトイレットペーパーの棚が空っぽ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS