クレジットカードで支払うとポイントがもらえる理由

シェアする

スポンサーリンク
credit card

臆病者のための億万長者入門』(橘 玲(著), 2014, 文春新書)がKindle Unlimitedに入っていたので読んだ(2020.6.1現在)。

本書を読んでわかったのが「クレジットカードで払うとポイントがもらえる理由」だ。

クレジットカードで1,000円の商品を買って、ポイント還元率が1%だとすると、10ポイントがもらえる。

ポイントがもらえると、うれしい。

なぜうれしいかといえば、「ポイントが増える」という「利益」を得たからだ。

なぜ「利益」が生まれるのか?

本書を読んで「資本主義社会の厳しい現実」を実感した。

つまり資本主義社会で「得」するには「損」する人の存在が必要なのだ。

スポンサーリンク

金融リテラシー

カード会員がポイントをゲットするという「利益」を得るには、その裏で「」する人の存在が必要だ。

「損」の例として「リボ払い」がある。

クレジットカードのリボ払いで買い物をすると、実質金利が年15%という借金を背負うことになる。

今、銀行にお金を預けてもほとんど利息が付かない。

例えば、ゆうちょ銀行の通常貯金の金利は0.001%だ。

参照金利一覧(ゆうちょ銀行)

こんな超低金利の時代に、年利15%の借金をして買い物をするというのは「金融リテラシーの欠如」と言うしかない。

リボ払いでカード会社に利息を献上する客がいるおかげで、ポイントがもらえるのだ

私たちは宝くじに売り場に並ぶ人と同様に、金融リテラシーの不自由なひとたちにも感謝しなくてはならない。

資産を守るには勉強するしかない

本書では「株式投資」「FX」「マイホーム(不動産投資)」などで「損しない」ためのアドバイスが満載だ。

株だろうがFXだろうが不動産だろうが、投資で失敗しないために重要なのは「金融リテラシー」を身につけて、だまされないことだ。

と、本書を読んで改めて実感した。

※上記は2020年6月1日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS