株式投資を始めると支出が減る理由

シェアする

スポンサーリンク
蓄財

株式投資を始めて実感したメリットは「支出が減る」ということだ。

特に「無駄遣い」が減る。

株式投資にしろ不動産投資にしろ、投資をやっている人は実感できると思う。

なぜ投資を始めると支出が減るのか?

わたしがやっている投資である「株式投資」を例に説明したい。

スポンサーリンク

支出が減る理由

株式投資とは、株や投資信託を購入してリターンを求める行為だ。

100万円を手放して株を買い、株価の値上がりや配当金で100万円超のお金が返ってきたら「よし」とする。

株式投資をやっていると、ふだんの買い物にも「投資マインド」を持ち込む。

買おうとしているモノが、どれだけのリターン(メリット)を見込めるか、常に考える。

いくら安くても、リターンがなさそうなモノには1円も使わなくなる。

財布のひもが固くなる。

支出が減っていく。

買い物に失敗することもある

もちろん、買い物に失敗することもある。

リターンを見込める(メリットがある)と思って買ったけど、使わずにゴミになることもある。

てへぺろ

失敗したときは「反省」する

「なぜ、リターンがあると思ったのか?」

「再発防止策は?」

といった「反省」をして、次回の買い物に活かす。

なので、買い物の失敗が減っていく

支出が減っていく。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS