月収8円の自称漫画家ですが何か

シェアする

スポンサーリンク
漫画家

以前、Kindleストアに「無料マンガ」を投稿して、報酬としてほぼ毎月分配金をもらっている。

直近(2020年8月)の分配金は、

8円

だった(笑)。

図示するとこうなる。

8円

確かに報酬は少ないがこれだけは断言できる。

絶対にマンガの稼ぎでは生活できない、と。

スポンサーリンク

報酬は必ずもらえるわけではない

マンガを適当に描いてKindleストアに投稿すれば必ず報酬がもらえる、というわけではない。

Kindleのサイトによると、分配金をもらえたのは500人以上、登録してから毎月分配金をもらっているのはそのうち70%以上(350人程度?)とのこと。

2019年5月15日現在、500 人以上の著者が基金からの分配金を得ており、そのうち 70% 以上の著者は登録してから毎月収入を得ています。

出典Kindleインディーズマンガ(Amazon「KINDLE ダイレクト・パブリッシング」)

投稿してもダウンロード数が少なければ「分配金ゼロ」となる月もあるのだろう。

投稿作品

今までわたしがKindleに投稿したマンガは次の2タイトルだ。

無料の短い作品ですので、よろしければお読みください。

▼マンガを描くのに使っているアプリ「コミPo!」の紹介記事

マンガが描けなくてもマンガが描ける「コミPo!」に夢中
面白いPCソフト、というか遊び道具を見つけた。 マンガ制作ソフト「コミPo!」だ。 公式サイトコミPo! comipo.com...

※上記は2020年10月5日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS