風邪気味くらいで上司の許可なしに休めるセミリタイア生活

シェアする

スポンサーリンク
病欠連絡?

最近は1日の寒暖差が大きいせいか、風邪気味だ。

こんなときはセミリタイア生活のありがたさを実感する。

サラリーマン時代みたいに、休むのに会社に連絡して許可を取る必要がないからだ。

朝起きて「今日は体調が悪いな」と思えば、朝からゴロ寝しながら読書できる。

自己判断だけで好きなだけ休める」というのは本当にストレスがない。

スポンサーリンク

苦手な上司に電話したくない

上司が苦手なひとだったとき、体調不良で休むときに会社に電話するのがイヤだった。

そんなときは、上司が絶対に出社していない早朝の時間帯に電話をかけた

いつも早朝に出社している同僚が電話に出るので「今日は体調不良で休みますので、○○さん(上司)に伝えておいてください」と言って、寝床に戻る。

やがて、社員全員に携帯電話が配布されるようになると、休むときの連絡は電話からメールになった。

メールだと話さずにすむので助かった。

風邪気味のときは休むことを推奨?

今は新型コロナの時代なので、以前のように「風邪気味くらいで休むのは怠け」という風潮が改善しつつあるのか?

発熱などの風邪の症状があるときは、会社を休んでいただくよう呼びかけております。休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。

出典新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)(厚生労働省)

しかし、風邪気味で気軽に休めるようになっても、会社に連絡しないといけないのはイヤだな。

やはり、セミリタイアしておいてよかった。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS