早期リタイアしたら風邪をひかなくなった

シェアする

スポンサーリンク
風邪からの解放

早期リタイアの大きなメリットは「健康になる」だ。

「ストレスの多い仕事」「通勤」「望まない人間関係」から解放されるのだから当然といえば当然なのだが。

わたしは、40代前半で会社を辞めて以降は、ほとんど風邪をひかなくなった

本当に助かっている。

スポンサーリンク

1年中「風邪」だったサラリーマン時代

サラリーマン時代は1年のほとんどが「風邪気味」だった。

くしゃみ・鼻水・微熱……。

同僚からは「Kotaroさんって、1年中風邪ひいてますね」と言われたこともあった。

原因は「免疫力の低下」だったのかもしれない。

年中やりたくないことをやっていると、心身が弱ってきて風邪のウイルスに対抗できない体になっていったのかも。

あくまでも医学の素人の推測だが。

もし、2020年現在もまだ弱り切った心身のままサラリーマンを続けていたらコロナにやられていたかも。

早期リタイアで風邪知らず

退職後は、ウソのように風邪をひかなくなった。

体は正直だ(笑)。

ごくたまに風邪気味になることもあるが、2~3日程度で回復することが多い。

もちろん薬はまったく飲まず、自然に回復する。

サラリーマン時代は風邪薬が手放せなかった。

早期リタイアすると風邪をひかず、風邪薬もいらず「一石二鳥」だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS