音声入力は「タブレットPC × Google Keep」が最強

シェアする

スポンサーリンク
Google Keep #5

先日(2020年11月)購入したタブレットPC「VANKYO S30」を音声入力に活用している。

主に、「ブログのネタ」をどんどん音声入力で記録している。

使用しているアプリは「Google Keep」だ。

理由は音声入力を最も効率的に行えるからだ。

以前は「Google ドキュメント」で音声入力していたが、「Google Keep」の方がアプリの起動から音声入力までを素早く行える。

スマホと比べてもタブレットPCの方が素早くできる。

スマホだと次のように入力前に「音声入力」か「キーボード入力」かを選択する画面が表示されて、どちらかを選択しなければならない。

Google Keep #4

一方、タブレットPCは「音声入力」「キーボード入力」の両方が可能なので上記のような選択画面が表示されない。

選択画面の表示がない分、タブレットPCの方が素早く音声入力ができる。

スポンサーリンク

Google Keepで音声入力

Google Keepで音声入力する方法は次のように非常にシンプルだ。

まず、タブレットPCでGoogle Keepを起動する。

画面が表示されたらマイクのアイコンを押す(赤で囲った部分)。

Google Keep #1

「お話しください」と表示されてマイクのアイコンの周囲が青くなったら、タブレットPCに向かって入力したい内容を話す。

Google Keep #2

試しに、「音声入力テスト」と話してみた。

Google Keep #3

これで音声入力ができた。

Googleの音声入力でできないこと

上記のように文章の音声入力が非常に簡単にできるようになった。

ただ……Googleの音声入力でできないことがひとつある。

それは「改行」だ。

改行したい場合、音声入力を止めて「改行ボタン」を押さなければならない。

音声入力モードで「改行」と言っても、画面に「改行」と入力されるだけだ。

Appleの端末では音声入力で改行を指示できるようだが、Googleでは現時点(2020年12月)ではまだできないようだ。

「改行」は技術的に難しいのだろうか?


※上記は2020年12月15日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS