原付バイクが走行中に突然停止した原因は「点火プラグ」

シェアする

スポンサーリンク
原付バイク

原付バイクで走っていると、突然停止した。

エンジンが止まった。

セルで始動しようとしたがダメ。

キックでもダメ。

バイク店で見てもらったら、原因は「点火プラグ」だった。

スポンサーリンク

10年で点火プラグ破損

点火プラグの先端が取れていた。

点火プラグ破損状況

もう10年近く乗っているから、プラグが「寿命」を迎えたのかも。

プラグを交換してもらって、「一件落着」となった。

2回目の走行中停止

原付バイクで走行中に停止するのは今回が2回目だ。

前回は「バッテリーの寿命」で停止した。

原付バイクのバッテリーの寿命は2~3年だけど伸ばす方法はある
原付バイクで走っていたら、急にスピードが落ちてきて時速20kmくらいしか出なくなった。 バイクをノロノロと走らせ、何とかバイク屋に到着...

バッテリーの寿命の場合、徐々にスピードが落ちてきて止まった。

今回の「点火プラグ」の場合はエンジンが突然止まった。

原付バイクの「色々な停止のバリエーション」の経験を積んでいる。

【2021年1月13日追記】下記のサイトで「原付バイクの停止原因」がよくわかる。
エンジン停止-原因症状別 – 原付バイクのトラブルシューティング(関東スティールハート)

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS