貯金が多すぎると退屈になるが心に余裕ができる

シェアする

スポンサーリンク
貯金箱

ぜいたくな悩みだ。

貯金が多すぎると毎日が楽しくなるかと思ったが退屈を持てあます。

少しくらいヒヤヒヤしたり緊張したりする日があった方がいいのかも。

スポンサーリンク

大量の貯金

2021年4月16日時点で、阪神タイガースは14勝4敗だ。

なんと、貯金が「10」と12球団で最多となっている。

まだ4月半ばなのに2桁の貯金をためこんでいる。

勝率が.778と8割近いので、開幕から全勝しているような錯覚がある。

貯金が多すぎて退屈

あまり勝ってばかりなので、最近は少々「退屈」だ。

昨年(2020年)の開幕時のように負けまくると落ち込む。

参照阪神、失意の開幕3連敗 ボーア音なし、厳しい現実(2020.6.22 時事ドットコム)

が、勝ちすぎると「退屈」になるとは……。

ぜいたくな悩みだ。

もちろん、「落ち込む」より「退屈」の方がいい。

貯金は心の余裕を生む

貯金がいっぱいあると「心に余裕」ができる。

これは大きなメリットだ。

退屈だが「快適な生活」を送ることができる。

野球だけでなく、実生活でも貯金が多すぎると退屈だが心に余裕のある生活となるのだろう。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS