楽天カードの「身に覚えのない請求」の正体が判明

シェアする

スポンサーリンク
credit card

先日、楽天カードに「身に覚えのない請求」が来た。

楽天カードの「身に覚えがない請求」が来た
使った覚えがない……。 先日、楽天カードから「カード利用のお知らせ」というメールが来た。 身に覚えがない。

正体が判明した。

心配していた「不正利用」ではなかった。

安心した。

スポンサーリンク

「身に覚えのない請求」の正体

「身に覚えのない請求」は「スマホの利用料金」だった。

なぜ、「スマホの利用料金」を「身に覚えのない請求」だと勘違いしたのか。

実は、ここ1年ほどスマホの利用料金を払っていなかったからだ。

ポイントで払う生活が長く続いた。

実質負担ゼロが終わる

昨年(2020年)、auでスマホを契約したときにキャンペーンでポイントをかなりもらえることになった。

スマホの利用料金はもらったポイントで払い続けていたので「実質負担ゼロ」が1年ほど続いた。

最近になって、もらったポイントを使い果たした。

スマホ料金のうち、ポイントで払いきれなかった不足分(500円程度)が「クレジットカードの請求」となった。

このクレジットカードの請求が身に覚えのない請求の正体だった。

請求は忘れた頃にやってくる?

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS