【原油高騰】7年前(2014年)のガソリン価格は166円/Lだった。

シェアする

スポンサーリンク
fuel

「原油が高騰!」というニュースがあふれている。

参照NY原油が続伸、一時7年ぶり84ドル台 米原油在庫減で(2021.10.21 日本経済新聞)

コロナに変わる不安煽りネタだから?

上記参照記事によると、7年ぶりの高値とのこと。

今は2021年なので7年前といえば2014年だ。

わたしの家計簿で2014年のガソリン価格を調べてみた。

スポンサーリンク

ガソリンは166円/L

家計簿で2014年の給油時のガソリン価格(レギュラー)を調べたら、単価の最高値は「166円/L」だった。

一方、2014年の最安値は154円/Lだ。

幸い(?)、10月頃から原油価格は急落したそうな。

参照2014年を振り返るキーワード  「原油価格」の下落(三井住友DSアセットマネジメント)

原油急落のあおりで、株価も下がったそうだ。

株式投資家にとっては「原油安 = ハッピー」とはいえない。

翌年のガソリン代も急落

原油高だった2014年の翌年、2015年も調べてみた。

単価は130円台まで下がっていた。

その翌年、2016年は100円台(109円/L)で給油したときもあった。

このように、原油価格は上がったり下がったりする。

今は高騰が続いているが、いずれ下がるときが来るだろう……と楽観的に待つ。

※上記は2021年10月21日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS