ルートと引っかけがある方程式「x – 6√x – 7 = 0」

シェアする

スポンサーリンク
二次方程式 in France

YouTubeでこんな数学の問題を見つけた。

x – 6√x – 7 = 0 (ただし、xは実数)

YouTubeRésoudre x – 6√x – 7 = 0, dans R

ルートがある方程式だ。

動画はフランス語なので解説の内容はわからなかったが、問題を解いてみた。

スポンサーリンク

2次方程式に変形

動画では2次方程式の解の公式を使って解いていた。

X = √x とおくと、X2 = x だから、

x – 6√x – 7 = 0 を

X2 – 6X – 7 = 0

と、2次方程式に変形できる。

因数分解を使う

動画では「解の公式」で解いていたが、わたしは因数分解して解いた。

X2 – 6X – 7 = (X + 1)(X – 7) = 0

X = -1, 7

よって、√x = -1, 7 となりそうだが、

√x = -1 となる x は存在しない。

よって、√x = 7 なので、両辺を2乗して、

x = 49 が答えとなる。

参考サイト平方根(ルート)の計算や問題の解き方を完璧に理解しよう!(Studyplus)

使用アプリPhotomath

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS