単身の老後資金は貯蓄1,000万円で十分か?

money

“独居の老後生活安定には「貯蓄1000万円を」と専門家” (Yahoo!ニュース)

という記事を読んだ。

独身で老後を過ごす場合の貯蓄目標として1,000万円という金額が提示されていた。

前提としてマイホームがあることだそうだ。

住宅ローンで購入した場合は完済した後に1,000万円の現金を持っていなければならない。

もちろん、ぜいたくや浪費は禁止だ。

スポンサーリンク

1000万円の使い道

マイホーム派は、老後にリフォームや建替えの必要性が出てくる。

だかた、1000万円のうち、生活費として取り崩す分とは別に「リフォーム費」を確保したい。

なるべく年金受給額の範囲で生活する。

どうやって1000万円を作るか

1,000万円を預金だけで貯めようとしたら金利0.3%、運用年数20年として、月に41,000円ずつ貯めれば1,000万円に達する(Excelのfv関数で試算)。

40歳から41,000円を毎月積み立てていけば60歳には1,000万円となる。

お金以上に重要なのは健康だろう。

お金があっても寝たきりになったり大病をすれば意味がない。

老後も自力で動けるようにしたい。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader