国債が急落?でも金利は0.8%台

シェアする

スポンサーリンク

国債先物は3営業日連続で1円安まで下げ幅を広げ、新発10年物の国債利回りは一時0.855%と昨年8月以来、9カ月ぶりの高水準を付けた。(ロイター

下がった、と言う割には金利は0.855%。ブルームバーグのサイトによれば、米国10年債は1.91%、豪州10年債3.24%、英国10年債1.89%に比べても金利はかなり安いと思う。

国債の金利が上がれば銀行が損するみたいだが、そこをなんとかするのが銀行の役目だろう。できないならば銀行業をやるべきではない。

変動金利の個人向け国債を持っている立場としては、金利が上がれば次回の利金が増えるので喜ばしいことだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS