本当に長期金利は乱高下しているのか?

シェアする

スポンサーリンク

過去10年の長期金利の月足チャートを見てみると、最近起きている長期金利の変動は、過去10年間に何回か起きていることがわかった。どちらかというと、リーマンショック以来、金利は右肩下がり(価格は右肩上がり)のように見える。

債券トレーダーでもない限り、金利に一喜一憂する必要はないように思える。マスコミは「住宅ローンに影響」と報道しているが、30年も続く長いローンを組んだら、神様が日銀総裁になっても金利変動リスクからローン利用者を救うすべはない。
長期金利0614
出典:DreamVisor.com

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS