普通のサラリーマンでもお金持ちになれた日本型雇用

シェアする

スポンサーリンク

かつて正社員ならば、給料は4人分支給された。
本人、妻(専業主婦)、子ども2人
の4人が暮らせるだけのお金が支給された。この家族構成は標準家庭と呼ばれる。

もし、お金持ちになりたいだけならば簡単である。家族の人数を減らせばいいのだ。
具体的には、
・独身でいる
・子どもは作らない
・子どもは1人まで

例えば、独身でいれば3人分のコストを全部自分の収入にできるはずだ。浮いたお金はすべて貯蓄に回せば、数千万円の貯蓄を作ることは不可能ではないだろう。「独身貴族」と称して趣味、旅行、交際等に大金をかけることは禁物だ。浮いたら貯める、これを地道に繰り返すべし。

もし、実家が地方にあり、住み続けることが可能ならば最強かもしれない。超低コストで暮らして浮いたお金はすべて貯蓄に回せば……(以下略)。

「家族がいないと寂しい」「お金は使うためにある」というなら無理はする必要はないが。

おひとりさまのイエローページおひとりさまのイエローページ
(2009/02/18)
和泉昭子

商品詳細を見る

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS