早期リタイアだからこそできる時給4万円の仕事

シェアする

スポンサーリンク

早期リタイアしたら「ローストレスの時間」という超金融資産が1日あたり24時間ももらえる。サラリーマン時代は12時間以上は勤務先に献上していたし、休日やプライベートも「精神的に仕事を引きずる」ことが多かったので、会社を辞めるだけで約2倍以上の「収入増」となっているはずだ。

この潤沢な「黄金の時間」という資産を使ってビジネスシステムを構築する。「ビジネスシステム」といえば難しそうだが「お金が自分のフトコロに自然に流れ込んでくる仕組み」だ。

例えば1日3時間、30日かけてシステムを構築する。できたシステムを稼働して月3万円の収入を10年間得られたとすれば、総売上は360万円、作業時間は90時間。時給に換算すれば4万円となる。

実際はシステムの改善、運用に時間をとられるが、改善すればさらに売上がアップする可能性がある。得た利益はもちろんシステムの再投資にまわして収益のアップにつなげる。

1日3時間、連続30日分の時間を確保するというのは、本業の片手間ではなかなか難しい。時間が潤沢にあるという利点を活かして早期リタイア生活をますます充実したものにしたいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS