火事場の馬鹿力を出せる自信

人間は追い詰められたら信じられないほど力が出せる。役に立つ授業が少ない大学で学んだ一番大きなことだった。

学期末に英語の試験があったのだが、試験があるのを忘れて家で寝ていた。気がついて家を飛び出したが完全に間に合わない。試験が行われている教室に着いたのが試験終了約10分前。
この英語の単位を取らないと留年してしまう。
10分ではとても解けない、それ以前に遅刻で失格だろう。

仕方なく教室に入り、試験官を務めていた教官に
「すみません。教室を間違えて別の英語の試験を受けてしまいました。終了直前に気付いてあわててここに来ました。試験を受けさせてもらえませんか?」
と言ってみた。

教官は2人いたのだが、2人は顔を合わせて声を押し殺して大笑い。
「笑いを取った。何とかなる」と心のなかで思った。

「仕方ないなwww、では後で教官室に来なさいw」
教官室で一人で試験を受ける。何とか単位をもらい、留年はまぬがれた。

人間、追い詰められても交渉次第で何とかなる。それ以来、そのように思うようになった。

-Exams-

遅刻厳禁

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader