プライドの値段

某デパートで買い物をしたら福引券をもらった。当選すると1,000円程度の商品がもらえるようだ。

しかし、福引はしなかった。福引会場に行くのをちゅうちょした。

当たっても外れても恥ずかしい、メリットはないと思ったからだ。

・当たった場合
→恐らく「チリンチリン(ベルの音)、大当たり~!」という掛け声を浴びせられて、さらし者になるだろう。

・外れた場合
→恐らく「残念でした~!」という掛け声を浴びせられて、さらし者になるだろう。

1,000円という当選額とさらし者リスクを天秤にかけて「福引をしない」という選択をした。

もし、当選額が10万円、100万円だったら……そのときは罵声を浴びせられても参加するかな。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader