4月になってブログの広告収入が激減するお役所的理由

シェアする

スポンサーリンク


4月に入ってYouTubeなどの広告収入が激減する理由があまりにもお役所的だった。YouTubeだけでなくブログに貼っているGoogle Adsenseのような広告も同じかも。

YouTubeのホリエモンチャンネル「ホリエモンのQ&A vol.240〜アフィリエイトで生活する!?〜」によると、動画の3:00ごろでホリエモンが、

僕のメルマガの質問とかでも、「4月になってYouTubeの広告料金がいきなり下がった」という人がいたんだけど、それ普通に広告業界のことを考えればわかるだろうみたいな。だって3月で(年度末で)だいたいみんな広告費出しちゃうから、4月から当然売上が下がるので。これは広告に限らず企業はみんなそうだから。


と言っていた。

これって、役所が予算消化のために年度末に道路工事するのと同じ?

広告予算を年度内に消化するために、たくさんの企業が3月の年度末にドバーッと広告予算を使うから広告料金が跳ね上がり、その反動で4月以降の広告料金が激減する。

民間企業なのに広告予算の使い方はけっこうお役所的なところが多いのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS