有給休暇の届け方はこんなにユルかった

シェアする

スポンサーリンク

サラリーマン時代、有給休暇を届け出る方法はけっこうユルかった。

毎週実施されるミーティングの場でメンバーに宣言する形式をとっていた。

仮に、チームが次のようなメンバーで構成されていたとする。

■チームリーダー
A課長

■メンバー
Bさん、Cさん、Dさん

有給休暇の届け出風景はこんな感じ。

A課長「来週の予定ですが、休暇をとる人はいませんか?」

Bさん「来週末の金曜日に休みます」

Cさん「え?わたしも金曜日に休みたかったのにーー。じゃあ、わたしは再来週の月曜日に休みます」

Dさん「僕は特に休暇予定はありません」

A課長「了解しました。あ、急で申し訳ないけど、明日休むのでよろしく」


ミーティングの場でメンバーの休みがなるべく重ならないように調整していた。上司が部下の休暇理由を尋ねることはなかった。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS