貯金は早期退職のスターター

シェアする

スポンサーリンク

a0960_006216

早期退職してセミリタイア生活に入りたいけど、貯金はいくら必要か?

「この問いに正解を出してから辞めないといけない」、と思っていては辞めることはできない。

スポンサーリンク

安心して辞められる貯金額とは

仮に貯金が1億円あったとする。

想定生活費が年100万円ならば、1億円÷100万円/年=100年なので、年金なしでも100年は大丈夫だ。

年間1,000万円使うならば、1億円の貯金は10年でなくなる。

貯金の使い方によって10年でなくなるケースもあるし、100年以上持つケースもある。

わたし個人の経験から言えば、「サラリーマン時代に考えていたよりも、ずっと低コストで生活できる」と言える。

参照:早期退職の最大の敵は「思い込み」

上記記事では、サラリーマン時代の3大コストを挙げた。

  • ストレス解消費
  • 見栄を張るための費用
  • 無意味な交際費

これらが消えるだけでも、貯金は想定よりずっと長く持つ

退職して3年経過して、最近は「貯金」というもにについて、

安心してセミリタイア生活に入るためのスターター」なのかな、

と思うようになった。

一生分の生活費をまかなうものではなく、あくまで「セミリタイア生活のスタートを切るための安心材料」という位置づけだ。

いくらあればいいのか

では、貯金はいくらあったら安心か?

貯金額があまりにも少額過ぎたら、不安すぎて毎日のんびりできない。

「貯金がなくなったらどうしよう」
「どこも雇ってくれなくなったらどうしよう」

という不安感で頭がいっぱいになり、とても生きている心地がしなくなると思う。

一生遊んで暮らすほどは持ってないけど、質素に生活するだけなら何とかなんるんじゃないかな

という金額があればいい。

「何とかなる」という楽観ができるような最低限の金額があれば、本当に何とかなるものだ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS