100均(Seria)の電池vsメーカーの電池

シェアする

スポンサーリンク

毎朝、血圧を測っている。

血圧計(オムロンデジタル自動血圧計 HEM-7051)で使用しているマンガン電池(単3)は100円ショップ(Seria)で購入している。

店で売っている電池は、Seriaブランドの電池と、メーカーの電池だ。

Seriaの電池は8本で108円(税込)で、メーカー(三菱電機)の電池は6本で108円だ。

20151216_battery3

どちらがお得なのか、わたしの血圧計で実験してみた。

スポンサーリンク

結果

結果は、Seriaの電池のほうがお得ということがわかった。

実験結果は次のようになった。

20151216_battery31

血圧計は単3電池4本が必要だ。

Seriaの電池の場合、4本使用した時の寿命は60日で、8本入りなので108円で120日持つ。

計算式は、

60(日)×8(本)÷4(本)=120(日)

となる。

メーカーの電池の場合、寿命は75日でSeriaの電池を上回るが、6本入りなので108円で112.5日持つ。

計算式は、

75(日)×6(本)÷4(本)=112.5(日)

となる。

まとめ

100均の電池でも、意外に高性能(コスト的な意味で)なものがある。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS