年金や退職金が少なくても「個人の力」が強くなっているから未来は明るい

ノートPC

マネーの達人 “退職金引き下げ… 会社員も公務員も「老後の収入の3本柱」は衰えを見せている” (2016.3.7 Yahoo!ニュース) を読んだ。

「老後の収入の3本柱」というのがある。

  • 公的年金
  • 退職金+企業年金
  • 自助努力(預貯金、個人年金保険、個人型の確定拠出年金など)

記事によると、会社員も公務員も退職金が減りつづけているらしい。

公的年金も減らされる可能性が高い。

つまり、3本柱のうち、2本が腐りかけている。

残った1本が自助努力だ。

この記事を読んで未来は明るいと思った。

スポンサーリンク

年金や退職金に頼らない老後

「老後の収入の3本柱」のお金の出どころを見てみる。

  • 公的年金……
  • 退職金+企業年金……会社
  • 自助努力……個人

「公的年金」と「退職金+企業年金」が減ってきているということは「国」と「会社」の力が衰えているということ。

代わりに力がついているのは「個人」だ。

国と会社の体力が弱くなってきて、相対的に個人の力が強くなってきている。

むしろ、個人で好きなことをやって生きていきたい人間にとっては「いい時代」だ。

退職金を「人質」に取られて転職や独立、または早期リタイアをあきらめ仕方なく定年まで働く、といった「取り返しがつかない時間の無駄遣い」も不要になる。

「個人の力」が「国や会社の力の衰え」を補える時代になっていく。

年金や退職金が減らされるから「老後貧乏」と決めつけるのは早計だ。

個人でも老後資金を作れる

記事では「自助努力」の例として「預貯金、個人年金保険、個人型の確定拠出年金など」が挙げられていたが、わたしは「インターネットで稼ぐ」も加えたい。

わたしは40代で会社を早期退職した。

会社を辞めた当初は「無収入」を覚悟していた。

しかし、インターネットで収入が得られることを知った。

関連記事:退職しても無収入でいることのほうが難しい

オークション、古本の売却、ブログ、SNS……インターネットについて調べれば調べるほど「収入源」があることに気付いた。

「無収入」だと思い込んでいたのが「実は収入がある」ことを知る衝撃は大きかった。

これからの老後生活でも同じことが言える。

老後は無職で無収入」だと思い込んでいるから年金や退職金に依存しようとする。

だから不安になる。

老人のほとんどは何らかの収入源を持っているし、年金や退職金に頼らずに生きている

という時代が来ると信じている人は老後に不安なんか持たない(不安を持つだけでは1円得にもならない)し、「自分のやりたいことをやって収入源を作ろう!」と動いているだろう。

あとは「やる」か「やらないか」だけだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader