会社を離れ、絶妙なポジションで安定した人生を送る

シェアする

スポンサーリンク
眠り猫

あえて「二流社員」を選んだ人たちの賢明なる生き方 (2016.5.27 ダイヤモンド・オンライン)

という記事を読んだ。

「一流」と呼ばれる人は確かに華々しいが、それ相応の苦労もあり、必ずしも幸せとは言い切れない。一方、「三流」と思われる人生も嫌だ。そこで注目されるのが、重圧も少なく自分のプライドも保てる「二流」という生き方だ。

記事では、管理職に昇進せずにプレイヤーに徹したり、プライベートを充実させたりしているサラリーマンの例が紹介されていた。

大企業のように「昇進を望まないヤツはダメ人間」というレッテルを張られる職場にいる場合、「退職して趣味で起業」という道を選んだ人もいるようだ。

スポンサーリンク

生活できるレベルの収入があればOK

記事で紹介されていた退職して起業した人は、「生活できるレベルの収入」を確保して会社を飛び出した。

会社を飛び出す場合、生活が壊れないためにも「お金」の問題を解決した上で飛び出すことは重要だ。

軍資金が少ないと、毎日お金の心配ばかりしなければならなくなる。

「株やFXで一発逆転」といった「一攫千金」のような危険思想も入り込んでくる。

サラリーマンを辞めた後も、サラリーマン時代と同様に精神的に安定した生活を確保しないといけない。

そのためには「お金」は超重要だ。

絶妙なポジションで、安定した人生を送る

本記事で次の言葉が気に入った。

絶妙なポジションで、安定した人生を送る

一流のような重圧やしがらみはなく、三流のような悔しさを感じることもない。絶妙なポジションで、安定した人生を送る。そして、本業だけではない様々な人生の楽しみを謳歌する。それが二流の生き方のメリットと言えそうだ。

わたしの場合、サラリーマンは本業だと思えなかったので、必要な資金が貯まった時点で退職した。

その後、「ブログ運営」という仕事(というか道楽)に出会い、そこそこ収入が発生するようになった。

サラリーマン時代に作った貯蓄とブログからの収入の「合わせ技」で、お金にはそれほど困らない生活が確立できた。

「お金」と「人生の楽しみ」があれば、出世競争や年収競争から離れても、会社を辞めても、そこそこ楽しく生きていける

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS