お金で「本物の自由」を買うことはできるのか

Amazonプライムビデオで映画「紙の月」を観た。

銀行の支店に契約社員として勤務する主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、顧客から預かった預金を横領する。

初めは、化粧品の購入代金の不足分8,000円を横領するという小さなものだった。

その後、大口顧客の孫の平林光太(池松壮亮)と不倫関係になって、借金で首がまわらない彼のために200万円を横領し、どんどんエスカレートしていく。

原作本によると、銀行にバレるまで合計1億円を横領した。

スポンサーリンク

「セミリタイア生活」にも通じる生き方

この映画を観て、「横領したカネで浪費しまくる」という生活は「セミリタイア」という生き方と相通ずるものがあると思った。

お金で自由を買えるか?

お金で買った自由は本物なのか?

というテーマが共通しているからだ。

自由って、お金で買えるんだろうか?

セミリタイア生活に入る前にまとまった貯金を用意すると思うが、「お金で自由が買えるのか?」と、この映画を観て考えた。

大金を浪費したら幸せか

不倫カップルの2人は、横領したお金で高級ホテルのスイートルームに3泊ステイして、グルメ三昧、買い物三昧する。

チェックアウトするときにたった3泊なのに146万円請求されてびっくり。

わたしは「これは自分にはない欲望だな」と感じた。

わたしなら自由に使える億単位の大金があっても、ホテルのスイートルームには泊まらないし、浪費三昧もしない

だって、楽しくないから。

仮に正当な手段で手に入れたお金であっても、「お金を使いまくれば幸せになるという方程式」は自分の中にはない。

わたしなら、とりあえず貯金しておいて生活レベルは現状維持だな。

つまり、今やっていることだ(笑)。

しかし、世間一般では使うお金の金額と幸福度は比例するんだろうな~

わたしにはわからない感覚だ。

映画としても面白いから、Amazonプライム会員ならおすすめだ。

紙の月
紙の月

posted with amazlet at 16.06.11
(2015-06-02)
売り上げランキング: 5,762

▼予告編

▼原作本

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader