セミリタイアとは「年収が10分の1になっても会社を辞めたい」ということ

シェアする

スポンサーリンク
アジサイ

会社を早期退職してセミリタイア生活に入るというのは、

年収が10分の1になっても会社を辞めたい

ということなんだと思う。

例えば、年収が700万円のサラリーマンなら、

年収70万円以下になっても会社を辞めたい!辞める!

ということ。

「年収が10分の1になっても会社を辞めたい」というのは、「労働者として時間を売る辛さ(搾取され度合い)を10分の1に減らしたい」ということだ。

スポンサーリンク

お金<時間

なぜ、年収が激減しても会社を辞めたいかといえば「お金より時間が大事」になってきたから。

「小学生の夏休み」と同じ考えだ。

夏休みの前半は「休日は無限にある」と錯覚して遊びまくる。

しかし、8月下旬ごろになると「休日には限りがある」と気づく。

人生も40歳を過ぎて「後半」になってくると時間の価値が高まり、「自分の時間を売って、お金を稼ぐことだけに時間を費やす」ことを「もったいない!」と強く思うようになってくる。

でもお金は大事

「お金より時間が大事」と言っても、セミリタイア生活を維持するためのお金は必要だ。

ふつうはサラリーマン時代にまとまった貯金を作ったり、割増退職金をゲットして早期退職すると思う。

退職する前にいくら貯金が必要か?

「年収がサラリーマン時代の10分の1になっても生活を維持できる」

レベルの貯金があれば、「雇われず、起業せず」という「マイペース」で稼ぎながら、退屈しながらも自由に生きていける。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS