45歳で早期退職して遊んで暮らす(超低金利時代編)

シェアする

スポンサーリンク
banknote

当ブログで一番アクセス数が多い記事が、

45歳で早期退職して遊びながら月20万円でのんびり生活する

だ(直近1年(2015.7.17~2016.7.17))。

記事の中で、45歳で貯金5000万円で早期退職して、月間の支出を20万円とする場合の必要利回りをシミュレーションしている。

シミュレーションでは、必要な年利回りは3.58%だった。

スポンサーリンク

65歳時点で3000万円

45歳の時点で貯金5000万円を年利3.58%で運用していく。

うまくいけば、月20万円使いつづけても、65歳で年金がもらえるようになる時点で3000万円残っている。

65歳以降は、貯金3000万円+年金で生活するというシミュレーションだった。

この記事を更新したのは2014年3月9日だった。

その後、日銀のマイナス金利政策で、銀行の預金金利が激減した。

再度シミュレーションしてみる

もう「マイナス金利時代」を迎えてしまったので、再度シミュレーションしてみた。

預金金利が超低金利でも、楽天銀行の優遇金利や、イオン銀行のイオンカードセレクト等で、年利0.1%程度の預金金利は期待できるとする。

よって、銀行預金と株式投資で年利回り0.5%としてシミュレーションしてみた。

結果は、支出は月額で約10万円確保できた。

20160718__sim1

前回のシミュレーションでは月20万円だったので、支出可能金額は半減した。

よって派手な遊びはできないかもしれないが、ふつうに生活して、たまに遊ぶくらいのことはできる

早期リタイアをマジで実現化するための「年収100万円生活術」

で紹介した本などを参考にして、予算を組んでいけばいい。

※シミュレーションで使用したエクセルファイルは「森本家のワークシート・資産を取り崩すなら」(日経PC Online)からダウンロードできる。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS