「Kindle Unlimited」で20日間で無料で100冊読んで人生が変わった

シェアする

スポンサーリンク
Kindle

AmazonのKindle読み放題サービス「Kindle Unlimited」の利用履歴を調べてみた。

結果、20日で100冊読んでいた。

利用履歴は「アカウント > Kindle Unlimited 会員登録を管理」の「Kindle Unlimitedで利用中のタイトル」画面で「利用終了済み」を選択すると、「利用終了」の本のタイトルが表示される。

20160824_kindle1

100冊読んでも費用は月額980円で、しかも現在は無料期間中だから、元は十分取れている。

「Kindle Unlimited」の利用で、日常生活には次のような2つの変化があった。

人生が変わった」といえば大げさだが、そう言ってもいいだろう。

スポンサーリンク

変化1:書籍代がゼロに

まず、本にカネを使わなくなった

「Kindle Unlimited」を使うまでは書籍にそこそこお金を使っていたが、今のところ「Kindle Unlimited」利用開始後は、書籍代は「ゼロ」だ。

読みたい本があったら、次のように検索して入手している。

①「Kindle Unlimited」のページで検索してKindle端末にダウンロード

②地元の図書館のサイトで検索して借りる

もし、①②で書籍が見つからない場合、買うことにしている。

が、今のところ読みたい本は①②の段階で見つかっているので、本を買うまでには至っていない。

「本は定額で読むのが当然」という習慣がつけば、本を買うことはなくなるのか。

読者の立場から見れば書籍代が減るのはいいが、出版業・文筆業がビジネスとして成立するのか、少し心配だ。

変化2:Amazonギフト券が余る

「Kindle Unlimited」に入会するまではKindle本をAmazonギフト券で購入していた。

Kindle本の購入費がゼロになったので、Amazonギフト券の残高が減らない。

なぜAmazonギフト券を持っているかといえば、「Amazonアソシエイト」等のアフィリエイト収入があるからだ。

もし、これからも「Kindle Unlimited」で書籍代があまり発生しないならば、収入をAmazonギフト券ではなく現金で受け取ることも考えよう。

ちょっと様子を見てみる。

まとめ

もし、電子書籍を月に5~6冊コンスタントに読むなら、「Kindle Unlimited」は自信を持ってオススメできる。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS