Kindle本執筆の生産性向上のために「一太郎2016」を購入

シェアする

スポンサーリンク
typewriter

Kindle本の原稿を書くためにワープロソフト「一太郎2016」を購入した。

「Microsoft Word」を持っているのだが、Kindle本作成のノウハウ本を色々読んでいると、「Word」よりも「一太郎」の方が使い勝手がいいと判断した。

Kindle本『40代で早期退職して自由に生きる』を作成するのに使ったアプリ

わたしが買ったのは「一太郎2016 特別優待版」のダウンロード版だ。

「特別優待版」とは「ジャストシステム製品」または「Microsoft Office/Word/Excel/PowerPoint」ユーザー向けの廉価版だ。

わたしはPCに「Word」「Excel」をインストールしてあるので該当する。

ジャストシステム製品もMicrosoft Office製品も持っていなければ「一太郎2016 通常版」が必要だ。

スポンサーリンク

ダウンロードに2時間かかった

一太郎2016はパッケージ版とダウンロード版があるが、パッケージ版の方がよかったかなと思う。

というのは、ダウンロードに2時間ほどかかったからだ。

もし、PCを買い換えたら、またAmazonのサイトから2時間かけてダウンロードしないといけない。

パッケージ版はダウンロード版に比べて若干高いが、インストール時間を考慮すればパッケージ版の方が経済的だと思う。

縦書きがしやすい

一太郎2016をダウンロードして少し触ってみた。

Wordと比べて良い点は「縦書きがしやすい」ということだ。

一太郎だと、改ページしたときに編集画面が右から左に流れる。

20161011_ichitaro2016_1

Wordだと、縦書きの場合でも横書きと同様に、改ページすると上から下に移動する。

縦書きしているのに次ページが下に移動するのは、ちょっとストレスがある……細かいことだけど。

電子書籍のファイル形式(epub,mobi)で作成できる

一太郎2016は電子書籍のファイル形式であるepubやKindleのファイル形式のmobiファイルを作成できるのもメリットの一つだ。

WordでKindle向けのmobiファイルを作ろうと思えば、Webページ(htm)形式で保存してからKindle Previewerでファイルを変換する必要があった。

一太郎2016では直接epubファイル、mobiファイルが作成できる。

20161011_ichitaro2016_2

まだ一太郎2016でKindle本を作ったことはないが、原稿をepubファイルで作ってKindle Direct Publishingにアップロードするのだと思う。

※※

今はまだWordに慣れているから一太郎の新機能に戸惑うことが多い。

もう少し「一太郎2016」で遊んでみて、習熟度を上げていきたい。

そのうち縦書きで日本語書籍らしい本を作ってみたい

当ブログの電子書籍版『40代で早期退職して自由に生きる』が絶賛発売中

一太郎2016 特別優待版 DL版 [ダウンロード]
ジャストシステム (2016-02-05)
売り上げランキング: 514
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS